ランリグ 住宅業界に特化した業績アップのためのコンサルティング会社

03-5832-6150 平日10:00〜18:00
メール
メール

2018-10-23|採用

世界で一番古い求人広告「南極探検隊」のお話



1900年に行われた南極探検隊の求人募集。それはこのような内容でした。

「探検担任を求む。至難の旅。わずかな報酬。極寒。暗黒の長い月日。絶えざる危険。生還の保証なし。成功の暁には名誉と賞賛を得るーアーネスト・シャックルトン」

この広告によって、その日の午前中にロンドン中の若者が消えたという噂が立つほど、応募者は殺到したそうです。反響の理由にはヒーローを求める時代背景があったということも大きいとも考えられますが、これは求人広告の原理原則に近いのではないでしょうか。

1、あえてデメリットを併記する
「至難の旅。わずかな報酬。極寒。暗黒の長い月日。絶えざる危険。生還の保証なし。」求人であるにもかかわらず、冒頭にはリアルなデメリットの数々を明記。これには「え?求人なのに嫌なことばかり?」というインパクトに加え、マイナス面を明確にすることで募集内容にリアリティーを持たせるという効果があるのではないでしょうか。

ただでさえ情報過多な昨今、プラス面の記載だけは信用ができないと考えている学生も多いため、両論併記はとても効果的なのかもしれません。しかし、マイナス面は、改善の方向性とセットでアピールする必要がありそうですね。

2、誰に何を伝えるのかというメッセージが大切
「成功の暁には名誉と賞賛を得る」これにはメリットだけでなく、「夢を共有したい」という募集者のメッセージが込められているように感じます。

つまり「どういう若者に対して、どういうメッセージを打ち出すのか」という、企業理念を若者向けに翻訳したメッセージが効果的なのかもしれません。

RECENT ENTRIES

bar

CATEGORY

bar

住宅業界の業績アップのためのマーケティング活動をサポートいたします。

03-5832-6150 平日10:00?18:00
メール
03-5832-6150 平日10:00?18:00