ランリグ 住宅業界に特化した業績アップのためのコンサルティング会社

03-5832-6150 平日10:00〜18:00
メール
メール

採用

住宅リフォーム店・工務店業界 新卒採用の検討ポイントは?



採用マーケットは大きく新卒採用市場と中途採用市場に分かれます。
今回は新卒採用検討の際のトピックをご紹介します。

新卒採用トピック①
新卒市場は採用計画・戦略が立てやすい!

新卒採用は、全国約50万人の学生をターゲットとした巨大な採用市場。どこで誰が就職先を探しているかがわからない中途採用とは違い、毎年50万人の大学生が一斉に就職活動を行う新卒採用市場は、採用計画、戦略のたてやすさが大きなメリットです。属人的な能力に依存しない、ビジネスモデルがシンプルな企業には、新卒採用をメインに据えることをお勧めしています。

新卒採用トピック②
20パーセントの学生が内定を複数獲得

ご存知の通り、大卒生も玉石混交。優秀な新人とそうでない新人の差はとても大きいものです。おおまかに考えて、新卒市場において毎年上位20パーセントの学生が複数の採用内定を獲得。そして60パーセントの学生はなんとか一社の内定を獲得。そして残り20パーセントの学生は内定をなかなか獲得できないと言われています。社会人として活躍できる学生かどうかは、内定の獲得数によって決まるわけではありませんが、自社で採用したいと思う学生は他社でも採用したいと思われている可能性は高く、取り合いになるのは必至です。

新卒採用トピック③
”人としてどうか”が最優先。これは教えられない!

どんな人材を採用するかと考えた時、一番大事な見るべきポイントはなんでしょうか?
それは、例えば向上心や責任感、自責性などのいわゆる人間力“人としてどうか”といった部分なのです。どうしてかというと、このような人間力は、育ってきた環境の中で決定してしまう要素で、社会に出てから教えることができるものではなく、これらを備えた人材を採用する以外、方法がないからです。

「人間力を備えた真っ白な人材に、知識やスキルを教え込む」ことはできても、「知識やスキルは持っているが、人間的には評価しにくい人材に人間力を教え込む」ということはできません。

RECENT ENTRIES

bar

CATEGORY

bar

住宅業界の業績アップのためのマーケティング活動をサポートいたします。

03-5832-6150 平日10:00?18:00
メール
03-5832-6150 平日10:00?18:00